探偵の尾行調査

夫の浮気調査と成功するためのカギ

探偵と一口に言ってもその仕事は様々ですが、行方調査というのが仕事一つとしてあり、夫の浮気調査もそれに含まれます。これはある人物についての行動を調査し報告する業務で、素行調査や、浮気調査の時に良く行われます。 さらに探偵の仕事には行方調査という業務もあります。これはある人に会いたいけど、どこに住んでいて、今何をしているかわからない場合に探してもらうのも依頼内容の一つです。
恩師や昔の友達、恋人、初恋の人を探すのも探偵に依頼すれば探してもらえますし、隠れている債務者を探す場合もあります。
ときにはペットもその調査対象となります。実に行方調査だけをとっても、探偵の仕事は多種多様であることが分かるのではないでしょうか。

夫の浮気調査

夫の浮気調査の場合、メインの仕事は地道な調査作業です。調査作業とは言っても依頼内容によってことなってくるのですが、あくまで依頼を受けてそこから仕事開始、人づてに情報を集めていくですとか、本人を尾行、監視しながら行動パターンを把握し、情報を集めていきます。
探偵事務所が警察と異なる点は、警察が犯罪をすでに犯している者を調査し、社会的制裁を加えるために逮捕するのとはことなり、探偵は犯罪を起こしそうな人、もしくは問題行動を起こそうとしている人を依頼者の名を受けて調査し、報告することで事件の発生を未然に防ぐという目的もあります。
夫の浮気調査の方法ですが、妻の目線で見た時に、夫の普段の行動と、何かことなる点がある場合、浮気を疑ってかかるのが人の心情ではないでしょうか。
たとえば、いつも帰ってくるはずの時間に帰ってこない、連絡をしても電話に出ない、隠れてコソコソメールなどをしている、金遣いが荒くなっている、女物の香水のにおいがするなどなど。普段一緒にいる人間、ましてや夫と妻の関係ならなおさら普段と違う点に気づきますね?
本当に浮気をしているかどうか、自分が仕事を持っていたり、家事や育児の時間がありますからなかなか自分では証拠集めがなかなか難しい場合、探偵に相談することになります。夫の浮気調査の方法は、興信所が浮気の事実を発見するほか、浮気が発覚した場合のことを考えてその先を見据えた部分まで妻の浮気調査、証拠集めを行います。

離婚する際にして材料集め

具体的に言うと夫の浮気調査では、相手と別れさせる、もしくは関係を修復させる、浮気相手に対して慰謝料を請求する、離婚する際に相手との交渉を有利に進めるための材料を集めることなどを同時に行います。
夫の浮気調査、とりわけ相手に慰謝料を請求する場合は、相手の住所や名前、居住地、連絡先、資産並びに収入の有無などを調べる必要があるためそれも同時に依頼することになります。
夫の浮気調査では、尾行、張り込みから始まり、録音テープ、ビデオ、写真撮影などで不倫の現場を押さえます。その後それを書面で報告するという流れです。
夫の浮気調査における探偵社の対応人数ですが、居住地や行動パターン、職業などの要素をかんがみて必要人数と機材、車両の使用不使用が決定されます。夫の浮気調査の期間は数日から数週間にわたって行われますが、基本的には数日間で終了します。
夫の浮気調査の成功率のカギは事前の調査会社の下調べにかかっているといっても過言ではないでしょう。なので奥さんの協力が必要不可欠になります。慎重に下調べし、その情報をもとに夫の浮気調査を行います。
夫がヘンな行動をしている日が1週間の中で決まっていればその日に調査員を派遣する、もしくはメールなどを見てなにか外で会う約束をしている女の人がいることをつかんだ時にその日に派遣するなど、いくつか方法が考えられます。夫の浮気調査を成功させるには素行調査の妻の情報収集力が必要不可欠です。

↑ PAGE TOP