探偵の尾行調査

興信所と探偵事務所

ネットなどで調査を依頼しようとして検索すると「○○興信所」「△△探偵事務所」などの表記のある調査会社が存在しますが現代では興信所と探偵事務所で特に区別がありません。

以前ですと興信所と言えば結婚調査、身元調査、企業からの取引先に対する企業信用調査や採用調査が主だった業務で、探偵事務所と言えば、浮気調査などの素行調査、家出調査などの人探しなどと区別されていました。

しかし、現代では興信所でも浮気調査などの素行調査や人探しを請け負っておりますし、探偵事務所でも結婚調査や企業の信用調査も手掛けています。

年配者の人にとっては浮気調査は探偵事務所、結婚調査は興信所と思っている人もまだまだおられますが現代ではそんな区別をする人も減少してきました。

確かに企業信用調査ではその調査だけに特化した「帝国データバンク」や「商工リサーチ」などの興信所から発展した大手信用調査会社がありますが特化した結果、その他の調査は全く関わっていないのが現状です。

また企業の信用調査の場合、調査会社の身分を明かして調査を実施する場合が多く見受けられますが現代の興信所や探偵事務所で受ける各調査はあくまでも秘密裏に調査を実施、情報を収集して結果を得ており、殆どの調査において身分を隠しての隠密調査が主となっているのです。

ですから浮気調査などの素行調査ではこっそりと尾行、張り込みをして証拠蒐集にあたり、結婚調査や採用調査などの身辺身元調査でも出来る限り、聞き込みでも調査目的や身分を隠して内偵していきます。

聞き込みでは相手を指定しなければ聞き込みは出来ません。

ですから調査会社の調査員という身分を隠し、別の目的を作り上げて聞き込みを実施していくのです。、

興信所や探偵事務所で実施する浮気調査などの素行調査は現代、どのようになっているのでしょうか?

素行調査では通常、昔から実施されている尾行、張り込みといったアナログ的手法の調査が現在でも行われています。

対象者を尾行し調査した日の行動を細かくチェック、どこへ行き、誰と会い、どうなったかを突き止めていくのです。

その行動の要所要所を撮影し写真や動画として記録していくのは全く昔から変わっていません。

現状、アナログ的作業ですがこれ以外の方法では「証拠」というものは押さえられません。

最近はデジタル化が進み、興信所や探偵事務所の調査にも革新的な調査機器が投入され、以前とは比べようもない程に便利になったのは事実です。

例えばカメラによる撮影ひとつにしてもデジタルカメラひとつで望遠から高感度とさまざまに多様化でき、しかもフィルムの世界であった時代からは信じられないほどに何枚でも、それこそ数百枚でも撮影が可能となったことです。

更に今までは望遠レンズから何種類か感度別のフィルムも持って尾行をしていたのですが所持していく備品が少なくなったことでかなり探偵の負担も少なくなったことは言うまでもありません。

また車両の尾行においてもGPS対応の追跡装置も各種出回り、興信所や探偵事務所では独自に改良し上手に使いこなし、例えば信号や交通状況によって見失っても短時間で発見することが出来るようになりました。

このGPS発信器は調査業界においてとても革新的な調査機器であることは言うまでもありません。

しかし、GPS発信器を尾行において使用したとしても、あくまでも尾行の補佐的な役割でしかなく、この機器に頼っては証拠をきちんと押さえられない場合もありますのでやはり車両の尾行においてもアナログ的な尾行をしていかなければなりません。

個人情報を収集する内偵においてはやはりネット社会となった影響でネットからもかなりの情報が得られるようになりました。

その点ではかなり内偵そのものにも楽になったと言えますが興信所にしろ探偵事務所にしろネット情報を簡単に鵜呑みにする訳にもいきません。

ネット情報には詐称や虚偽も含まれており、やはり裏付けを取らなければなりません。

ただ現代、聞き込みにおける調査では以前よりも難しくなったと言えるかもしれません。

何しろ個人情報保護法を全面に押しだし非協力的な人が増えたことも挙げられますし都心には多いマンションでの聞き込みには法的制約もあります。

更に近隣との交際も浅くなってしまっている現状もあります。

このような状況でも興信所や探偵事務所の調査員は聞き込みのために各方面の人に話を聞きに歩き回っているのです。

これもまた昔ながらのアナログ的な調査と言えるかもしれません。

興信所と探偵事務所について以前のように明確な区分は無くなりましたが興信所にしろ、探偵事務所にしろ、調査に携わる調査員は基本的には隠密裏にアナログ的な調査に終始しているのです。

↑ PAGE TOP