探偵の尾行調査

浮気調査

夫や妻である貴方のパートナーに浮気をしているかもしれないという疑惑が生じたらすぐに「浮気をしてる?」と問い詰めますか?

仮にパートナーに問い詰めても余程の証拠を提示しなければまず認める事はしないでしょう。

もし認めてしまうとどういう結果がこの先に待っているかは想像のすることは容易いからです。

夫婦関係において不利な状況に追い込まれたり、最悪には離婚する事にもなりかねません。

しかも、慰謝料もとられてしまう。

更に浮気相手にもいろいろと迷惑が掛かり、自分の社会的信用も失墜しかねません。

ですから余程の浮気の証拠がない限り、認める人はいないのです。

浮気をしているかも知れないという疑惑程度で問い詰めても何も得られないことはご理解できたでしょうか。

しかも貴方に浮気を気付かれたと思い、浮気に対して慎重になる人が殆どです。

これは浮気相手と別れるという事ではありません。

浮気相手と会うときは警戒に警戒を重ね、慎重になっても交際を継続していくのです。

では、パートナーが否定もできない「浮気の証拠」をいかに持てるかが勝負となってくるのです。

・浮気の証拠とは?

確実な浮気の証拠を押さえるにはやはりプロの探偵に浮気調査をしてもらい、浮気の証拠を押さえて貰えるのが一番です。

探偵は法的に浮気と立証できる条件を把握しています。

法的な浮気という行為は婚姻関係にあるパートナー以外の異性と性交渉していると認定されることであってそれ以外の行動は全く認定されていないのです。

よくふたりっきりで親しく飲食をしていた、手を繋いだり、肩を組んで歩いていた、路上でキスをしていた、路上で抱き合っていたなんて行為を見たら、浮気をしている不倫の関係と断定したいでしょうね。

しかし、これでは全く浮気という不貞行為にはならないのです。

やはり「ラブホテル」に2人が入って数時間を過ごしてくれる事実が一番の証拠となってきます。

ラブホテルは性行為が行われる場所と周知されているからなのです。

男女がラブホテルに入り、何もなかったということは通常、認められないのです。

また、2人で旅行に行ってくれたりしたその行動をつぶさに把握する事です。

2人で同じ部屋に泊まったと言う事が条件となってきますがまず不貞行為があったと認識されます。

よく勘違いされる人がいますが浮気相手の家に行き、数時間過ごしたり、外泊すれば浮気の証拠となると思っていらっしゃる人が多いかと思います。

しかし、この行動は1回、掴んだからといって「浮気の証拠」にはなりません。

例えば、2人が入った居宅には2人だけであったという事は断言できません。

家人や友人がいたと言われるとそれを覆す材料はなく、またたとえ異性の家に数時間板からと言って不貞行為が絶対に行われたという事も言えないからなのです。

・浮気調査は配偶者に悟られずに実行

前述したように探偵に浮気調査を依頼するという事は浮気の疑惑が生じたからに他なりません。

ただパートナーに対して問い質すことはしない方が賢明です。

浮気をしているパートナーは貴方に対して悪いことをしていると認識はしています。

人は誰でも悪事を隠したがります。

悪事が公になることで自分が不利になることを誰でも知っているからです。

浮気という不貞行為を悟られたと思ったパートナーは浮気相手と会う期間を延ばしたり、会うにしても周辺を警戒してしまいます。

今まで2,3日に1回は会っていたのを1週間や10日間に1回とされてしまうと調査期間が倍以上かかってしまう場合も出てきます。

またどんなプロの探偵でも相手が警戒していた場合、尾行の難易度は上がってしまいます。

尾行追跡メンバーの増員が必要となって来る場合もありますしそれでも完璧な調査が困難な状況を敢えて作ってくる人もいる位です。

こうなっては調査料金の負担がかなり増額してしまいます。

浮気の疑念が生じた際にはパートナーには気付いた事を悟られずに探偵に浮気調査の依頼をする事を絶対にお勧めします。

貴方に気付かれたと悟られていなければ警戒もせず、頻繁に浮気相手と会うことでしょう。

探偵は簡単に浮気の証拠を押さえてくれるはずです。

結果的に安価の調査料金で収まるという事に繋がるのです。

・浮気調査の料金は?

探偵社各社によっていろいろな料金体系があります。

また調査員人数も違います。

浮気調査を実施する際の方法は尾行、張り込みという調査方法になりますが尾行、張り込みにおいて探偵1人では絶対に調査は行いません。

最低でも2人でチームを組みます。

各探偵社によっても異なりますが通常は2,3名で実施しているところが多いのですが中には5人とか6人で1チームとしているところもあります。

本当に調査員5人や6人も必要なのかという疑問は出てきますが確かに人数が多ければ調査はやりやすいでしょう。

しかし、その分、調査料金が割高になるのは当然です。

また本当に5人や6人の調査員が稼働しているのかも疑われてしまう評判の悪い探偵社の存在も噂されています。

調査料金には1日単価制、時間料金制、数時間セット制などが各社まちまちで、納屋可児は浮気調査において成功報酬制を謳っているところもあります。

浮気調査においての成功報酬制については疑問が生じていますが着手金としての前金が高額なところが多いみたいです。

浮気調査での成功とはどういった事なのかも疑問です。

浮気の証拠が100%取れたら成功と普通はそう考えますよね。

この点はその成功報酬制を謳っている探偵社にきちんと聞かれていないといろいろとトラブルがあるとの噂を耳にしています。

それと一番肝心な事ですが料金体系はいろいろと違うことは上でも記述致しましたが前金制か後払い制かの違いがあります。

正直な感想ですが前金制よりは後払い制の探偵社に依頼した方が安心は得られると思います。

もし万が一、不当な調査料金を請求されても訴えるなどの策が講じられます。

・浮気調査の結果

浮気調査の結果、浮気の証拠が得られました。

この証拠を基にどのようにパートナーと話し合いをするかは御依頼者である貴方次第です。

全てが貴方の希望する方向へと導き出せます。

2人だけで話し合いをして結論出すのか第三者を入れて話し合いをするのか、それこそ離婚するのか、しないのかまでも全て貴方次第の希望する結果で進んでいきます。

また離婚をしなくても、したとしても慰謝料の請求はできます。

当然、お子様がいれば親権問題にも有利に話が進むこともあり得ます。

パートナー並びに浮気相手に対してそれなりの法的な制裁は可能となります。

貴方を裏切ったパートナーに対してきちんと向き合わなければならないでしょうが許す、許さないも貴方次第となります。

貴方次第となることは浮気の証拠が揃った事で可能となりますので浮気調査の重要性を理解して頂いたと思います。

尚、重要な注意点をひとつ挙げておきましょう。

・一般人が尾行すると犯罪

貴方がパートナーに対して浮気の疑惑があるからとの理由で尾行や張り込みなどの行為をするとストーカー規制法に抵触してしまう可能性があります。

尾行、張り込みは探偵業の届出を公安委員会にした探偵社ができる行為です。

尾行に関しては付きまとい行為に、張り込みは待ち伏せ行為となってしまいます。

この点を十分に承知しておかないと貴方自身が刑事罰を受けてしまったり、民事問題でも不利になってしまう場合があります。

浮気調査という尾行、張り込みをする行為は法的にも認められた正式な探偵社に依頼し浮気の証拠を得なければ何も前には進みません。

浮気調査とは頭では簡単に思えるかも知れませんが決して簡単な作業ではなく、探偵も2人以上でチームを組んで初めて実施できる調査なのだと言うことも頭に刻み込んでおいて下さい。

パートナーに浮気の疑惑が生じたら問い質すような事は一切せず、泳がせることも必要です。

そして興信所、探偵社などの調査会社に浮気調査の依頼をする事が解決への早道です。

↑ PAGE TOP